栗きんとんめぐり

各店ホームページ


この地方で作られている栗の種類

wase胞衣(えな)

8月下旬〜9月上旬
粒が大きく

一枝に沢山の果実をつける。
栗きんとんのために開発された。

waseぽろたん

9月上旬~中旬
名前のごとく皮がポロリと剥ける新品種。ホクホクとした食感が特徴で、栗きんとんにも最適。

wase丹沢(たんざわ)

9月上旬〜中旬
乙宗×大正早生。
淡褐色で縞模様が鮮明な三角形。
甘味が多く美味しい。

wase出雲(いずも)

9月上旬〜中旬
肉質は良く品質も良いが、

収穫がやや少ない。
産地粗放栽培に適する。

wase伊吹(いぶき)

9月中旬
銀寄×豊多摩早生。暗褐色。
帯円三角形。
強風で落下しやすい。

wase金華(きんか)

9月中旬
大正早生×金赤。赤褐色。
隔年結果がなく収穫も多い。
毬からは慣れて落実。

wase大峰(おおみね)

9月中旬〜下旬
小粒で甘味が強い。
豊産で加工適正に優れる。
実が付きすぎるので剪定が必要。

wase国見(くにみ)

9月上旬〜下旬
丹沢×石鎚。褐色。
光沢があり美しい。
実も毬もひときわ大きい。

nakate筑波(つくば)

9月下旬〜10月上旬
岸根×はやたま。赤褐色。
光沢ある帯円三角形。
適応性が良い日本の代表的品種。

nakate利平(りへい)

9月下旬〜10月中旬
日本栗×中国栗。暗紫褐色。
帯三角形。
甘味も品質も高いが収穫が少ない。

nakate有馬(ありま)

9月下旬〜10月上旬
偶発実生。褐色。
円形で座が大きく接線はほぼ直線。
山間地向きの品種。

nakate銀寄(ぎんよせ)

9月下旬〜10月上旬
日本で最も古い品種。暗褐色。
外観は美しく品質も優良。
丹波栗に多い品種。

okute石鎚(いしづち)

10月上旬〜中旬
岸根×笠原早生。赤褐色。
光沢ある円形。
台風の影響を受けにくい優良種。